表現する力

 U-8

サッカーフェスティバル 7月12日(土) 河西緩衝緑地サッカー場


<1試合 6人制 10分ハーフ>


VS FCブラスト    5-0    ○
VS 和歌山VIVO   10-0  ○
VS セレソン中ノ島   5-2  ○ 

VS 楠見JSC     5-1  ○



「表現」とは、自分の感情や思想・意志などを形として残したり、態度や言語で示したりすることである。
また、ある物や事柄を別の言葉を用いて言い表すことなども表現という。


自分の考えていることを「表現」することは非常に難しいと思う。
「表現」方法は様々であり、色んな手法が存在する。


試合中ということを例にだすと

・仲間に声をかけることで自分の考えを言語で表現する
・自分のプレーを得点という結果で表現する
・一生懸命頑張って走るという形で表現する


どれが正解とかはない。
ただ重要なことは今、必要なことを表現できているか。

そして、表現しようとしているか。
表現しようとしないことには何も始まらない。


もうひとつ。
一番初めに表現できる人が素晴らしい。
誰かが歩いてくれた道を通ることはたやすい。
自分で切り開くからこそ価値がある。
フロンティア精神を育成する。


何が言いたいかというと。
自分の言葉で、自分の気持ちを、一番最初に表現できる人になろう。
誰かの発言待ちでは面白くない。


by ヤマダ


いい表情でやろう

6月8日(日) バレンティアカップUー8 (7人制)

VS 南紀(和歌山) 5−4 ○
VS 旭ヶ丘(大阪) 3−2 ○

予選1位通過

VS 岩出(和歌山) 8−1 ○ (決勝)

6チーム中優勝

1,2年12人全試合全員出場。
東村コーチが監督デビュー。
fuugaが決勝でサッカー人生初得点。
1年生hayatoが全力疾走。
いい表情が今回もたくさんあった。
何気ない、日曜日で終わらせない。

その横では芦屋から4年アスロンとうちの4年3年がとずーっと高め合い。
心拍数を意識的に上げに行かないと、置いていかれる。
これから夏本番。のためにでなく、今日の一日を「やりきる」「だしきる」ことで
繋がる。上手くなる。


BY山鷲



六月一日

 

6月1日(日) 蹴友杯 U-8
 大阪府泉佐野にて。

予選
VS コスモ 5−1
VS 桃の木台 3−1

予選1位通過

1位トーナメント
VS 上之郷 3−0
VS ヒート 10−3
VS アスロン 3−2

  ー優勝ー
最優秀選手賞 NATUKI
優秀選手賞  HAON

今回の大会は全員にとって少しやけどプラスになった大会やったと思います。
ただまだまだ、改善点は沢山ある
体力より日に日に暑くなる中でのサッカーになれないとこれからもたない。
これからの練習のやり方の見直せた1日でした
 コーチとしてまだまだ学ぶところはたくさんあり課題が増えました。
後は、あいつらにどれだけ楽しくサッカーをしてもらうかを日々考えながら行きたいです。

文章能力低いですがご了承ください。。。 

畑中

…補足

茹だるような炎天下。
決勝戦で6人中4人は、走って、走って、勝利を掴んだ。
あえて観客席から見つめた。

保護者のマナーも誇りに感じた。

恐れず、楽しく足技を繰り出す個が3人。
8人それぞれに見せ場があった24チーム集まる大会。

試合後には最優秀に選ばれた個に涙があったようだ。
そう、何気ない大会ではなかった。
今週も彼らに舞台を用意。まだまだガムシャラが大切な時期。
でもみんなで協力だ。   BY山鷲








お知らせ



第7回5月23日(金) 
第8回5月24日[土]

「足技塾&デュエロ【1対1】選手権」

時間:23日19:30〜21:15
         24日19:00〜20:45

場所: 和歌山県海南市岡田321「漆器商業会議室内」 (JR黒江駅から徒歩7分位)

定員: 来るもの拒まずにしてみますが人数多すぎたらすみません。
今週は、2日連続です。ちなみに先週参加33人【内5人初参加】でした。
土曜日もありますので、普段金曜日難しいって個の参加もどんどん…



持ち物: 動ける服装・水筒・お金100円〜200円※施設利用費・雑費代として。
      

対象:3歳〜12歳まで

※バレンティア以外の個・サッカー未経験の個も活用下さい。
 →7回目にして最高に盛り上がってます。
※見学も自由です。
※駐車場は無料で置ける。

どんな様子かはこちらでも→ http://ameblo.jp/laundry-18/


もう1人の熱いコーチのブログ。彼を抜けたらプロだ!挑みに来い!
http://s.ameblo.jp/yupan14/

熱伝導

 U-10

海南市民総合スポーツ大会 5月17日(土) 沖野々スポーツ広場


<予選L 1試合 8人制 15分ハーフ>
<決勝T 1試合 8人制 10分ハーフ>
メンバー iru, yuito, takumi, reika, yumeto, sota, kotaro, sho, tairi, natsuki, fuga


<予選L>
VS 海南FC B  5-0  ○
VS 巽JSC   2-1  ○

<決勝T>
VS 下津SC   0-3  ×
VS 黒江JSC    0-9  ×    
             9チーム中4位


熱伝導とは

物質の移動を伴わずに高温側から低温側へ熱が伝わる移動現象のひとつである。
固体中では、熱伝導は原子の振動及びが担う。
一般的に、固体金属以外では、熱伝導性はその他の固体、液体、気体の順に悪くなる。

熱というものは目に見えない。
しかし、確実にそこに存在し、しかも伝播するものでもある。


チーム内に「負けたくない」「勝ちたい」という気持ちが熱を帯び、全員に伝播したとき、試合に勝てるのだと私は考える。
「全員に」というところがポイントである。

誰か1人が熱を持っていても全員に伝播させることは非常に難しい。
それが3人、5人と増加し、全員が熱気であふれることが必要。
相手と向き合い闘うとき、特に自分たちより大きい、速い相手がきたときに熱を保てるか。


全員の勝ちたいという気持ちを合わせよう。
高いレベルの勝ちたいに。
熱を持ってプレーしよう。

その中で温度が低い選手がいれば目立つ。
そんな目立ち方でよいのか。
もう一度自分に問いかけてみてほしい。

予選での巽戦はチームが高い温度を保てていたと思う。
それでもまだまだ熱くなれたはず。
熱の温度に上限はない。


by ヤマダ

お知らせ

昨日の練習。面白い個がはいってきた。

まだどうなのか…本物か…いい顔はしていた。

5月9日(金) 「足技塾&デュエロ【1対1】選手権」

時間: 19:30〜21:15

場所: 和歌山県海南市岡田321「漆器商業会議室内」 (JR黒江駅から徒歩7分位)

定員: 来るもの拒まずにしてみますが人数多すぎたらすみません。


持ち物: 動ける服装・水筒・お金100円〜200円※施設利用費・雑費代として。
      

対象:3歳〜12歳まで

※バレンティア以外の個・サッカー未経験の個も活用下さい。
 →5回目にしてどんどん増えてます。。
※見学も自由です。
※駐車場は無料で置ける。

 どんな様子かはこちらでも→ http://ameblo.jp/laundry-18/ 

連絡先 : 080−1264−2484 ヤマワシまで

BY山鷲

継続という名の才能

 U-9

バレンティアカップ 5月3日(土) 広川町役場多目的グラウンド


<1試合 8人制 12分ハーフ>
メンバー iru, yuito, takumi, reika, yumeto, kou, sota, haon, kotaro, sho, tairi


VS 泉佐野   1-3   ×
VS 南紀    1-0   ○
VS シューダイ 1-3   ×
VS アスロン    0-3   ×
VS 長岡京   0-11 ×                
               6チーム中5位


「天才」というものの定義はまだ議論されており、明確には未だ決まっていない。
何をもって「天才」とするかという判断基準が個人によって異なるからである。
その議論されている説の分類のひとつに「天才継続説」がある。
これは、努力・忍耐・情熱・好奇心・集中力などを継続させられる人が天才であるという解釈である。

私はこれが気に入っている。
正しいかどうかは誰にも分からない。

この説によると努力を継続できること、情熱を継続できることも才能なのである。
何事も瞬間だけは誰でもできる。

リフティングの練習をするという努力。
辛いこと・しんどいことをやり続けるという忍耐力。
常に次のことを考え続けるという集中力。
サッカーが好きだという情熱。

継続できないと意味がない。中には瞬間もできない人もいると思うけれども。


継続できない人はその才能が欠けているから仕方がない。
自分には継続という才能がないから何事も成し得ることができない。
天才にはなれないから。

「天才継続説」を見たままに捉えればこれで終わり。

でも、裏返せば誰でも「天才」になれる可能性があるということ。
一つの事柄を上位水準で継続できることが天才の証。
継続することはすべての根源。

今からでも遅くはない。

人にいう前にまず自分。
継続しようと思う。


by ヤマダ

1/365

 
U-10

リアン杯 4月26日(土) 芦屋中央公園グラウンド

<1試合 8人制 10分ハーフ>
メンバー ayuka, ryuki, yuto, ryota, iru, takumi, reika, yumeto, kou
MVP kou


VS パスドゥーロ 1-0   ○
VS 岩田       0-1   ×
VS 伊勢田      1-2   ×
VS アスロンW    0-12 ×
VS 夙川     0-8   ×                
               6チーム中5位



1年は365日。
このことは誰もが知っている。
365回寝れば一つ歳を取り、一学年上になる。

この365日のうち何日サッカーをするのか。
何時間ボールをさわっているのか。
何秒間サッカーのことを考えているのか。

この365日のうちの1日を無駄に過ごすのか、意味のある1日にするのかは自分次第。
たくさん練習すれば上手くなることはみんなわかっている。
知らない人は誰もいない。単純な話。


わかっているからやる人。
わかっていてもやらない人。

どちらになるかは自分次第。
結局最後は自分。

最後の夙川戦で見せた1点を守ったtakumiのプレーに少し気持ちを垣間見た気がする。


by ヤマダ

お知らせ

山鷲の記事投稿は今後こちらでも展開します。

発信する場合において、チームとしてでなく私的な場合が多くなってくるかもしれないので…

 http://ameblo.jp/laundry-18/ 

では。

「ザ・足技塾」お知らせ。。。

想いを形に。。。

昨日の話し合いで、事務所の宮田さんが信用して鍵を預けてくれた。
その後、人工芝は昨日からホームセンターを何度も回って掻き集めた。

kazukiの父ちゃんが、フロアマット20枚をはじめ、いろいろご尽力してくれた。


今日の練習後、動ける何人かでプレオープン的に芝を敷いて、鳥かごやドリブルを試した。
ちょっと芝ズレるが、ガムテの量の問題だと思う。

後々に芝はFIFA公認の人工芝にする予定。





この看板で近所の個を集める。。





看板は個達に全部任せた。なかなかの感性で描けていた。スプレーアートは初体験か。。



今からミニサッカーゴールを買いに行こう。

音楽をかけて速いテンポのドリブルリズムを養おう。

サッカー雑誌を大量において興味を持ってもらおう。

1升炊きの炊飯器と鍋で胃袋をデカくさせよう。

めちゃくちゃストレッチさせて、バレエダンサーばりの繊やかさを手に入れさそう。

裸足でボールを扱ってブラジルのストリートサッカーに近づけよう。

想いを形に。「みんな良くなる」をこの場所から発信しよう。



                       ----プレオープン----

4月18日(金) 「ザ・足技塾」

時間: 19:30〜21:00

場所: 和歌山県海南市岡田321「漆器商業会議室内」 (JR黒江駅から徒歩7分位)

定員: 15名程度が限界…。

持ち物: 動ける服装・水筒・お金【1500円÷人数分=(15人集まれば一人100円)】
      ※施設利用費に1500円。エアコン2台完備はアツい。
      

対象:3歳〜12歳まで

※バレンティア以外の個・サッカー未経験の個も活用下さい。
※見学も自由です。
※駐車場は無料で置ける。


連絡先 : 080−1264−2484 ヤマワシまで


「誰かが仕立てたストーリーではなく、自分からはじまるストーリーを」
とかっこいい本に書いてあった通りにまず動いて形にしてみた。

形になったらやってみよう。結果からも学ぼう。

みんな良くなろう。 BY山鷲


<< | 2/19PAGES | >>

▼ カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

▼ プロフィール

  • クラブ紹介
  • History(戦歴)
  • 入会について
  • コーチ紹介
  • チーム紹介
  • 低学年ブログ
  • 高学年ブログ
  • ジュニアユース
  • お問い合わせ
  • リンク
  • 足技塾ブログ
  • 全学年活動予定表
  • u-15活動予定表

▼ モバイル版 QRコード

qrcode

selected entries

archives

recent comment

▼ LINKS

▼ サイト内検索

▼ others

無料ブログ作成サービス JUGEM