手段の目的化

 U-8

リアン杯 8月23日(土) 芦屋中央公園グラウンド


<1試合 8人制 10分ハーフ>
メンバー sota, natsuki, sho, tairi, genki, fuga, kotaro, haon, hayato, soma, jua

<予選L>
VS アスロンR  7-1 ○
VS ヒート   10-2 ○
VS 甲東      6-1 ○ 
VS 小部      3-0 ○

<決勝>
VS アスロンW   1-0 ○
              10チーム中優勝


もともと、ある「目的」を実現するために「手段」を選択したはずであるのに、その「手段」を実行すること自体が「目的化」してしまう。
因果関係を考える際において、チェックポイントのひとつとなる。

「目的」とは、実現を目指すことである。
「手段」とは、「目的」実現のために必要なすべての道具、方法、手立てのことを指す。
「目的」の実現に有効であるなら、すべてのことは「手段」となりえるが、すべてのことを使う余裕はないため、時間的・コスト的・効果的を考慮し、『どれが「目的」実現のために有効であるか』を出し、優先順位をつけ、取り組むのである。

このことについて理解し、取り組む必要がある。
最初はわかっているはずなのに、途中から「手段」そのものを「目的」にしてしまう。


.魁璽鵐疋螢屮襪魴り返し行うことは「手段」である。
▲疋螢屮襪うまくなることも「手段」である。
試合において相手を抜きさることも「手段」である。
せ邱腓砲いて、チームが勝つことが最終的な「目的」である。

 銑は最終的ない痢嵬榲」のためにやるひとつひとつのステップであり、その「手段」であるということを忘れてはいけないと思う。
い痢嵬榲」を実現する「手段」はもっとたくさんあるはずであり、その中において、『ドリブル』という視点における「手段」を例にとって上記しているだけである。

全てはチームが勝つという「目的」を実現するために取り組んでいると考える。
だからこそ、試合では様々なステップを踏んで取り組んだ「手段」のすべてをだしきり、全力で「目的」実現のために必死になることが重要である。

いつか頑張るはない。
試合中、今、全力で頑張れ。


by ヤマダ


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

▼ カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

▼ プロフィール

  • クラブ紹介
  • History(戦歴)
  • 入会について
  • コーチ紹介
  • チーム紹介
  • 低学年ブログ
  • 高学年ブログ
  • ジュニアユース
  • お問い合わせ
  • リンク
  • 足技塾ブログ
  • 全学年活動予定表
  • u-15活動予定表

▼ モバイル版 QRコード

qrcode

selected entries

archives

recent comment

▼ LINKS

▼ サイト内検索

▼ others

無料ブログ作成サービス JUGEM