競争


U-10

すさみカップ 8月16日(土)、17日(日) すさみ町総合運動公園


<1試合 8人制 15分ハーフ>
メンバー 16日 4年全員
     17日 soma, ryuki, kaito, n-naoto, ayuka, yuto, ryota, takumi, reika, 
                         natsuki


◎16日              ◎17日
VS すさみ    11-0 ○       VS 阿倍    6-0 ○
VS 富田     6-0 ○       VS 串本    1-1 △
VS 海南FC     4-0 ○       VS プログレス 7-1 ○
                

7チーム中優勝


生活をしていく中で「競争」という事象は必ず存在する。
全ての分野において発生するが、特にスポーツの分野では顕著であると思われる。
皆が同じはありえない。


ここで、少し調べてわかったことがある。

英語で「repeat」という単語は「繰り返す」と日本語訳される。これは周知。
「repeat」の語源はラテン語で『repeto』であり、『re(再び)+peto(向かう)』で「繰り返す」となる。

「競争」するという単語は英語で「compete」。この単語の語源も、ラテン語で『competo』らしい。
これは『com(共に)+peto(向かう)』となる。つまり「競争」するの語源としては、「一緒に追及する」「何かを成し遂げるために共に戦う」ともとらえられる。


つまり、「競争」とは相手を蹴落とすことには違いない。
ただし、その方法としてやるべきことは、足の引っ張り合いではなく、高め合いである。

自分自身と誰かを比べ、その相手よりも上に出る。
その相手は誰でも良いと思う。
敵であっても良いし、チームメイトだって良い。
ただ具体的に相手を決め、必ず上に出るということを目標にするのである。

・こいつには身体能力では勝てないけど、ドリブルの技術だけは絶対に負けない。
・1対1の体のぶつけあいで、次はあいつに勝ってやろう。
・リフティングの回数で次に追いこせるのはあいつだ。

こうやって目標を決め、それに向かって頑張り続け、その頑張りが相手を上回った時、初めて「競争」に勝てる。
自分の上にでられたら、また頑張り、努力し、自分の方が上にでる。
この高め合いを「繰り返す」ことが、「競争」につながり、結果としては良いチームとなる。


だから、repeatとcompeteは語源が似ているのかもしれない。

by ヤマダ


                 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

▼ カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

▼ プロフィール

  • クラブ紹介
  • History(戦歴)
  • 入会について
  • コーチ紹介
  • チーム紹介
  • 低学年ブログ
  • 高学年ブログ
  • ジュニアユース
  • お問い合わせ
  • リンク
  • 足技塾ブログ
  • 全学年活動予定表
  • u-15活動予定表

▼ モバイル版 QRコード

qrcode

selected entries

archives

recent comment

▼ LINKS

▼ サイト内検索

▼ others

無料ブログ作成サービス JUGEM